092-771-5176平日 9:00〜17:30

導入事例CASE STUDY

入金消込が自動化され、誤差調整までの管理業務を時短

カテゴリ名
不動産
課 題
入金管理業務の合理化
導入システム
銀振入金消込システム
導入費用
200~300万円
従業員規模
21~50名
業務形態
不動産賃貸

マンション等の賃貸を営み、お客様の15%は銀振を利用。毎月通帳と台帳を照合しながら入金消込を行っており、未入金管理などに手間がかかっていた。

導入前の課題

・入金業務(銀振)の正確性向上および属人的業務からの脱却

導入後の効果

・銀振入金の入金処理が自動化され、特定の社員でなくとも入金消込ができるようになった
・入金消込もれが減り、誤差調整がスムーズになった。

製品・サービスの特長

  • 入金消込や未入金項目管理が自動化され、処理スピードも正確性も向上
    銀行からのFBデータを取り込み、入居者別の家賃等データと自動照合。家賃、共益費、駐車場など消し込む費目に消込順位を設定することで、入金誤差が生じても未入金項目の管理が自動で行える仕様とした。これにより入金処理がスピードアップし、処理の正確性も向上。滞留家賃を速やかに督促できるため、未納家賃の回収率向上にも繋がった。