092-771-5176平日 9:00〜17:30

導入事例CASE STUDY

庫内に無線環境がない中、バーコード検品を実現

カテゴリ名
物流倉庫
課 題
出荷精度向上
導入システム
POS出荷検品システム
導入費用
2000~3000万円
従業員規模
1000名~
業務形態
美容機器メーカー

在庫アイテム数が多く、手作業で仕分けするため誤出荷が頻発していた。ハンディ検品は、庫内無線LAN設備の工事費用がネックとなり導入できずにいた。

導入前の課題

・既存設備を有効活用しながら、低コストで出荷精度を向上させる

導入後の効果

・無線LAN設備工事や高額なハンディターミナルを使わず、最小コストでバーコード検品による出荷精度向上を実現できた

製品・サービスの特長

  • 無線環境なしでバーコード検品を実現。費用対効果も最大化
    当企業様の出荷現場の特徴は、ベルトコンベヤ式で定点での検品業務を行っていること。ここに着目し、PC端末とバーコードリーダーを利用したPOS検品システムを採用した。まずLAN設備がある場所に検品用PCを設置し、検品用PCに接続されたバーコードリーダで出荷商品のバーコードをスキャン。検品用PCに取込んだ出荷情報はそのまま在庫管理システムに連携され、データの重複登録を回避した。これにより当初計画されていた大掛かりな無線LAN工事やアクセスポイントの設置、高額なハンディターミナルの購入は不要に。ローコストでバーコード活用による出荷検品を実現し、出荷精度を改善することができた。

こちらの導入事例も
見られています