092-771-5176平日 9:00〜17:30

導入事例CASE STUDY

賞味期限の逆転納品を防ぎ、納品先からの信頼を強固に

カテゴリ名
物流倉庫
課 題
納品先別の出荷ロット管理
導入システム
倉庫管理システム
導入費用
3000~5000万円
従業員規模
201~300名
業務形態
食料品卸

多様な食料品を保管し、大手スーパーなどに出荷する。納品先別の最終ロット管理が徹底できておらず、前回より古い賞味期限の商品を納品するリスクがあった。

導入前の課題

・同一納品先に対する賞味期限の逆転納品を予防し、納品先との強固な信頼関係を築く
・出荷先からの要望に柔軟に応えられるシステムを再構築する

導入後の効果

・納品先別に先入先出を行う仕組みが構築され、個人スキルに依存せず納品品質を維持できるようになった
・商品管理を強化し、細かな顧客要望に応えることで信頼関係が強化された

製品・サービスの特長

  • 納品先別最終ロット管理で、納品先からの信頼を守る
    倉庫管理システムの刷新に伴い、納品先別最終ロット管理機能を導入。在庫(ロット別)の賞味期限情報と、納品先別の最終出荷ロット情報が紐づく仕組みを構築した。出荷指示の際には、出荷対象となるロットを納品先別に自動引当することが可能になり、出荷ロットの賞味期限逆転リスクを抑制。納品先毎の先入先出が仕組み化されたことで、出荷作業効率および在庫管理品質の向上にも繋がった。
  • 在庫の製造番号管理も導入し、顧客要望にいつでも応えられる仕組みに
    預かった在庫は、従来の賞味期限に加えて製造No.でも管理。荷主からの要求に柔軟に対応できるシステムを構築した。

こちらの導入事例も
見られています