092-771-5176平日 9:00〜17:30

導入事例CASE STUDY

受注入力効率化+荷揃えの見える化で作業ムダを無くす

カテゴリ名
食肉卸
課 題
受注~出荷業務の合理化
導入システム
受注加工管理システム
導入費用
500~1000万円
従業員規模
21~50名
業務形態
業務用食肉の加工卸

カット規格や商品ラベルなど、得意先に合わせた細やかな対応が強み。注文はFAXや留守電が多く、加工指示書は手書きで書き起こしていた。

導入前の課題

・受注~出荷業務を合理化し、生産性を向上させる
・時間のかかる加工指示書書き起こしやラベル発行、加工進捗状況の確認作業を効率化し、人的負担を軽減させる

導入後の効果

・加工指示書やラベル発行が自動化され、転記ミス抑制や作業時短に繋がった
・荷揃えや不定貫商品の重量登録フローが整備され、出荷前の納品書準備がスムーズになった

製品・サービスの特長

  • カット規格が細かく指定された大量の受注情報を、短時間で加工指示まで展開
    殆どの注文が当日受注で当日出荷の該社では、受注~荷造りまでのリードタイム短縮が生産性向上の鍵を握っていた。受注登録では過去注文の参照機能を取り入れ、取引先ごとの商品規格や販売単価の見える化を実現。続く加工指示書や商品ラベル発行・出庫指示書作成は受注データから自動発行を可能とした。これにより受注情報の一元化と加工指示~荷揃えまでの時間短縮を一気に解決した。また、既存の販売管理システムともデータ連動することで、売上情報の二重入力を回避。受注~売上計上までの業務フローがシームレスに繋がるようインターフェース構築を行った。
  • ハンディ端末による検品登録で、荷揃えの進捗が一目で分かるように
    加工指示書や発注書にバーコードを印字。加工商品が出来上がったタイミングや、社外品を入荷したタイミングで、ハンディターミナルを使ってバーコードスキャンする運用とした。加工品の出来高情報や入荷した社外品情報は現場で登録可能となり、不定貫重量や国産牛の個体識別番号の確認作業など、売上伝票発行の手間が解消された。加工や入荷の登録状況は進捗照会画面で確認可能とし、荷揃え状況も一目瞭然となった。

こちらの導入事例も
見られています